hspiceの基本素子の記述

hspice_basic_component-eyecatch hspice

hspiceのネットリスト記述のための基本的な素子の文法について

基本素子の文法

以下に基本素子の記述のサンプルを示す.

hspiceでは大文字小文字は区別されないので,どちらでも良い.

hspiceの基本素子の記述法では,最初の1文字が素子を表すため残りの文字列は何でもよい.
ex. r1 r2 rd ron は全て抵抗として認識される.

ノード名は何でもよい.

r1 n1 n2 10k  *10kΩの抵抗
l1 n1 n2 1u   *1uHのインダクタ
c1 n1 n2 1u   *1uFのキャパシタ
v1 n1 n2 3.3  *3.3Vの理想電圧源
i1 n1 n2 1m   *1mAの理想電圧源
*ダイオード,モデル必要
d1 P N modelName

*ゲート長0.8u, ゲート幅6uのMOSFET,モデル必要
m1 G D S B modelName l=0.8u w=6u

*バイポーラトランジスタ,モデル必要
q1 C B E Sub modelName

電圧源の種類

パルス波,サイン波,PWL(PieceWise Linear source)の記法

vin n+ n- PULSE (HIGH LOW Tdelay Trise Tfall pulseWidth period)
vin n+ n- SIN (offset amplitude freq Tdelay damp phase)
vin n+ n- PWL 0.9n 0, 1n 1.0, 1.9n 1.0, 2n 0

PWLでポイント数が多いときデータから読み込むことができる.

vin n+ n- PWL (TIME, vol) 

.data dataName
TIME vol
t1 v1
t2 v2
t3 v3
  :
.enddata

制御型電圧源及び電流源

種類記法
VCVS(Voltage Controlled Voltage Souce)e1 out+ out- in+ in- gain
CCCS(Voltage Controlled Voltage Souce)f1 out+ out- in+ in- gain
VCCS(Voltage Controlled Voltage Souce)g1 out+ out- in+ in- gain
CCVS(Voltage Controlled Voltage Souce)h1 out+ out- in+ in- gain

VCVSのサンプル

VCVS以外の制御型電圧源及び電流源も同様の記述が可能

* gain倍の理想アンプ
eamp out+ out- in+ in- max=1.0 min=0 gain

*複数のノード電圧の和
*V(out+,out-) = V(in1+,in1-) + V(in2+,in2-) + offset
esum out+ out- poly(2) in1+ in1- in2+ in2- offset 1 1

*多項式関数
*V(out+,out-) = a + b*V(in+,in-) + c*V(in+,in-)^2
e1 out+ out- poly in+ in- a b c 

*single ended input VCVS
e2 out+ out- vol='offset+SIN(6.28*v(in))'

スイッチの実現法

時間による条件分岐

rswitch n1 n2 '100g*(TIME <= t1)'

voltage-controlled resister を用いる方法
V(in+, in-)に電圧を与えることでスイッチングが可能.
指定している電圧間は抵抗値が線形に変化

gswitch n1 n2 VCR PWL(1) in+ in- 0.499v,10G 0.501v,1p

コメント

タイトルとURLをコピーしました